さびしんぼこうじ似顔絵美術館

村松殿

真田幸村の姉の村松殿を2点描きました。
「天地人」の長澤まさみが演じる初音役のモデルと思われる村松殿。最初に登場人物を設定された幸村の妹とストーリーの年齢差がおかしい原因で視聴者からの苦情があった。道理でおかしいと思ったら、幸村には実際妹が居ないのだ。幸村の姉には実際いるのだ。私も感じてきたので、放送前に何度も調べても実在は姉だけだった。その後、番組からは、妹から姉に変更設定された。
天地人のサイトの中の登場人物も改正された。姉に変更設定するのも正解です。村松院muramatuhatune.jpg

スポンサーサイト

上杉謙信

「天地人」で登場する上杉謙信をこの寒さにピッタリのジャケット姿を描きました。メンズファッションとしてカッコいいでしょ。ukukk.jpg

直江お万(椿妙尼)

天地人な一風呂。お悠とお船の方の母の直江お万の紫ビキニ姿が風呂屋へ行って一風呂を浴びます。OMAN.jpg

書初め展2009・後期

枚方市樟葉生涯学習センターのロビーで、秀葉さんのグループ展示の「書初め展2009・後期」が昨日の27日から始まりました。私は今日しました。実はまたもこの展示に私の作品1点特別展示してくれました。秀葉さんありがとうございます。
他の作品見ると、可愛くて個性な書道作品ばかりでした、大人作品の一文字の書や小学生作品の絵入り書もありました、めっちゃ可愛いね、とても楽しい気分よ。癒しが感じます。いい展示でした。
前期も後期もお疲れ様でした。
この展示は1月31日まで、枚方市樟葉生涯学習センターの2階ロビーで開催中。
交通は京阪電車樟葉駅下車から徒歩10分です。syyyyyyyuyouu.jpg

ほしのあき

今やバリバリの最年長グラドルのほしのあき。30代でも40代でもグラドル続けそう・・・・・・。hosinoaki.jpg

川村ゆきえ(その3)

1月23日に23歳になったばかりの人気グラドル川村ゆきえ。kyu.jpg
村ゆきえのサイトも見てね。

上杉景勝

「天地人」の準主役で上杉謙信の甥っ子と仙桃院の息子の上杉景勝。
今はまだまだ、外の冷え込みが、きびしいよー!
上杉景勝のジャケット姿をアレンジで描いてみました、これが男のファッションさ!ukuk.jpg

正国尼と直江景綱

「天地人」は、もう見ましたか・・・・・・。女優陣が良かったでした。
天地人では登場しなかった直江景綱の正室の正国尼(ビキニ姿)と夫でお悠とお船の方の父親の直江景綱。kagetuna.jpg

お悠とお船の方

この作品2点は「スペース草の扉展」に展示してますよ。
天地人な紅白姉妹。上杉謙信の侍女でお船の方の姉さんのお悠の白ビキニ姿。oyyuuu.jpgosennaoe.jpg
直江兼続夫人のお船の方の赤ビキニ姿。これが愛と義の姉妹だ。
今夜放送の「天地人」の第4話が楽しみだ。

ねね(その2)

本日「スペース草の扉展・紅白」が開催だ!
今回展示する紅白にちなむ私の作品を紹介しょう。
豊臣秀吉夫人ねねの紅白ビキニ2点の連作だ。
大阪城にいる正室でもあり、大阪にちなむ食い物は、たこ焼き。ねねが、たこ焼きを食べてるところだ。nes.jpg
こちらは、実際晩年、尼さんになったねね。
暖かい味噌汁とマルコメ君を見立てて、猫きました。あったかい味噌汁が食べたい!
nenesama.jpg

ここでおしらせです、昨年の12月20日記事の「春日局」2点出品の今年のたんば絵はがきコンクールの審査結果が2点とも2年連続の選外となりました。選外や入選を気にせず、安心して全作品展示しますよ。春日局も見てね!

扉展・テーマ紅白搬入日&海月文庫風景画展最終日搬出

今日の夕方過ぎ、豊中のスペース草の「扉展・紅白」の搬出しに行きました。この扉展シリーズは、今回最後となります。また新しく違った企画展もあるかないか解かりません。ギャラリー自体は、いろんな事情もあるかもしれない。
今日から私の作品展示のはじまりだ!この作品説明は後日更新予定です。kbkkl.jpgio;

扉展搬入後、海月文庫風景画展最終日の搬出に向かいました。この展示も大盛況でした、海月文庫のオーナーさんありがとうございました!次の海月文庫の企画展示シリーズは「人物画」で5月中旬の予定です。私も出すか、出さないか考えています。帰りに近くのスーパー玉出へ晩飯を買いました。疲れました。

徳川振姫

徳川家康の娘の振姫の黒ビキニ姿が寒い地下鉄の駅前にいます。
今日が海月文庫の風景画展の最終日だ。furri.jpg

島津雪窓

戦国時代で島津貴久の妻の島津雪窓の黒ビキニ姿が背景の夜の宝塚(兵庫県)にいます、夜の宝塚って、いいムードやなー。yukki.jpg
ここでグループ展示おしらせ!
「扉展・テーマ紅白」
2009年1月24日から2月1日まで開催
場所・スペース草
豊中市東豊中町4-1-13
電話・・・06-6853-0474
交通・大阪市営地下鉄・桃山台駅下車、阪急電車・豊中駅下車からともにバス10分で東豊中団地前下車、または阪急電車・豊中駅下車から東豊中団地前まで徒歩約20分
この扉展シリーズがこれで最後です。私の作品も展示予定ですので、詳しい報告は明日ぐらい更新したいと思います。

セイウンワンダー

昨年、中央競馬G1の朝日杯FSで2歳チャンピオンとなり、グラスワンダーの子であるセイウンワンダー。a1a1.jpg
3歳でも期待できそう。

書初め展2009(特別展示)

コメントでおなじみの秀葉さんが開く書道のグループ展示の書初め展2009が只今、前期で開催しています。この作品に私の作品も特別展示してくれました。秀葉さん、ありがとうございました。
私の作品がこれですよ。
PA0_0300.jpg

他の作品(書道作品)は、真剣な字や可愛い字の作品が力作ばかりでした。一人一枚の心のこもったグループ展示でした。秀葉さんのブログもみてください。

マーク・クルーン

昨年は巨人で活躍し、セーブ王となったプロ野球162キロの最高速球投手のマーク・クルーン。kuru-n.jpgこれは、4年前に描いたもので、当時は横浜時代で活躍したころです。この作品も、横浜時代のもんです。あのころは160キロ台は、すごすぎたなー。記録を塗り替えたなー。
この可愛いクルーンの似顔絵は、本日発売の週刊朝日1月30日号の似顔絵塾に入選掲載しました。書店か駅売店にあります。

大儀院菊姫と松姫

ここでおしらせ!コメントでおなじみの秀葉さんがグループ展示やっていますよ。
「書初め展2009」
2009年只今開催中から1月31日まで開催
前期只今開催から27日までの午後5時まで、但し26日は休み。
後期は1月27日から31日までの午後6時まで
場所。枚方市樟葉生涯学習センター2階ロビーポケットギャラリー
交通は京阪電車樟葉駅前下車で徒歩10分です。
この展示に私の作品が特別展示していますよ。見に来てください。秀葉さんブログ見てね。km.jpg
武田信玄と油川夫人の娘の大儀院菊姫(上杉景勝夫人)と松姫のビキニ姿で仲良し。

ダイワスカーレット(その2)

来月は、バレンタインデー。だから、昨年の有馬記念制覇のダイワスカーレットをバレンタインにしました、誰にチョコあげるのかな・・・・・・・。da.jpg

第52回宝塚市展と海月文庫の風景画展

昨日は、宝塚市展と海月文庫風景画展を見に行きました。
まずは、ソリオホールの宝塚市展です、ちょうど、宝塚市展の講評会も行きました。講評会は、集団で聞くじゃなく、個人として聞く講評会です、私はデザイン部門で一番応募の少ない数で、落選も誰一人もなく、全員入選です。私の作品「蒲生氏郷と冬姫」をコメントされた講評者からの声は、時代の風景で囲炉の光るが明るすぎる、付け加えすぎと楽しすぎるの表情から、伝えにくい。光は、昔の時代らしく、半分ぐらい暗闇の部分を味わってほしい。という評でした、つまり時代の観察と参考が必要でした、反省して来年出品するようがんばります。
他の作品は、真似のできない独創性の多い作品が並びました。楽しい展示でした。PA0_0257.jpgPA0_0290.jpg
もうひとつは、西中島南方のギャラリー海月文庫の風景画展です。このときは、いきなりの雨でした。
誰もやったことのない独創の高いの風景作品たちが展示していました。作家たちは、すごいイメージありますね。私の作品も在りました。風景写真合成と風景の貼り絵と色鉛筆画です。PA0_0316.jpgPA0_0317.jpgPA0_0318.jpgPA0_0319.jpg
帰りはスーパー玉出でお好み焼きかって、歩きながら食べました。玉出のお好み焼きは、うまいよ!
スーパー玉出のサイトもあるよ!

アドマイヤフジ

今年の競馬で中山金杯を連覇を制したアドマイヤフジ。背景の富士山で天晴れ!umammmmm.jpg

築山殿と長谷川等伯

背景が長谷川等伯の「松林図」。
そこには、家康の妻の築山殿の黒ビキニ姿が居て、誰かに呼び出しをしているぞ!呼び出された人物は、作者の長谷川等伯だ。
この作品は、海月文庫の風景画展に展示しています。
22.jpg

似顔貼り絵(その18)

今年の干支の牛を見立てて似顔絵を色々貼り絵にしました。
111111111111.jpg
2122121122.jpg

明智光秀一族

明智光秀の一族を風景写真合成(つまりコラージュ)でつくりました。
明智光秀夫婦と娘のガラシャ夫婦と母のお牧です。
ak.jpg明智光秀・熙子夫婦
aketiomaki.jpg明智お牧
aketitama.jpg細川ガラシャ・忠興夫婦

この作品は、今日から開催の
海月文庫の風景画展に展示するよ!

孝蔵主(こうぞうず)

秀吉夫人ねねの女中の孝蔵主の黒レースのビキニ姿がビルの見える道路にいます、外はまだまだ寒いですよー。
この作品は、明日から「海月文庫の風景画展」に展示します。koukou.jpg

小早川秀秋と古満姫

戦国武将の小早川秀秋と妻の古満姫の紫ビキニ姿が夫婦で公園散歩。この作品は、海月文庫ギャラリーの「風景画展」に展示しますよ。kobayakawahideaki.jpg
「海月文庫の風景画展」
2009年1月17日から1月23日まで開催
場所・・・海月文庫(くらげぶんこ)(古本屋&ギャラリー)
大阪市淀川区木川東3-3-12・・・・電話06-6308-5689
朝11時から夜7時まで開館、最終日は夕方5時まで
交通・大阪市営地下鉄「西中島南方」駅1番出口下車、阪急「南方」駅下車からともに西へ7分で木川小学校東側です。
内容は、風景にまつわる絵画、ポエムなど、何でもありの作品が揃ってます。
私の作品は、合成イラスト作品と今まで当ブログで紹介して厳選した貼り絵と色鉛筆の風景画を展示します。
お越しください!

私は今日、海月文庫へ風景が展の作品を直前搬入しました。直前搬入のときは電話が必要です。
私は地下鉄の西中島南方駅から降りて、会場の海月文庫へ向かいましたが、道が、すごくややこしくなったが迷ってしまった。会場を探すまで1時間以上がかかり、日が暮れてしまった。住所は木川だが、その一周を探った、なかなかわからない。
そこで、海月文庫へ電話かけた。「工事現場のしてるところでわかる」と、言われた。やっと会場の海月文庫へたどり着き、オーナーが寒い中、迎えに来てくれた。海月文庫さん、遅れて申し訳ございませんんでした。私は情けないです。
これで搬入することが出来ました。展示開催が楽しみやなー。
詳しくは、海月文庫のホームページ見てください。
帰りが夜になりましたので、ついでにスーパー玉出というバカ安いスーパーマーケットへ夕飯のため買いに行った。白身魚フライ、かき揚げなど買った。1000円以上お買い上げにチョコチップメロンパン1円とハケエンが買えたのだ。スーパー独自のルールですから。だから面白い!私は、歩きながら、ローヤルゼリーウォーター飲んで、チョコチップのメロンパンを食いました。西中島南方へ乗ろうと思ったが無欲に新大阪へ着いてしまったが、そのまま乗って帰った。地下鉄かJR新大阪駅下車からの徒歩の場合は時間が少し倍にかかる可能がありますので、西中島南方駅から近くで便利ですよ。私の体は、疲れました。

枚方の樟葉の遠くから見える大山崎の風景画

この風景画は、色鉛筆だけで描いたのだ。大阪府枚方市の楠葉の遠くから見えると、京都府大山崎町の山が、うっすらとみえる風景だ。大山崎町には、サントリーの工場や美術館が有名だ。k^^^

蒲生氏郷(がもううじさと)と冬姫

織田信長関係で家臣の蒲生氏郷とその氏郷の妻で信長の娘の冬姫。夫婦で、暖かい寄せ鍋で食卓。ペットには、犬と猫がいますよ。鍋に囲むコミニュケーションさ。gf.jpgこの作品は、あさって15日開催の宝塚市展のデザイン部門に初出品で初入選展示しますよ。

「第52回宝塚市展」
2009年・1月15日から1月19日開催
場所・兵庫県宝塚市の宝塚ソリオホール
開館・朝10時から夜6時まで、最終日は夕方3時まで
交通・阪急電車およびJR宝塚駅下車すぐです。
詳しくは、ソリオのホームページでね。
また宝塚市展の講評会は、1月18日の朝10時から昼12時まで宝塚ソリオホールで行います。
みなさん、よかったら見てね!


それともうひとつよ!
本日発売の「」月間競馬最強の法則2月号の馬券ブラックジャーナルコーナーにブログで登場したカネヒキリの餅食いが掲載しました。お近くの書店にありますので、よかったら見てください。

枚方市駅前ロータリーの風景画

これは、色鉛筆で描きました。京阪電車枚方市駅前のロータリーの風景画です。ここには車やバスたちが通るロータリーです、またビルや歩道橋もあります。雑っぽい絵でごめんなさいね、わかりにくいでしょ。hirakatasieki.jpg
もう1点は、貼り絵で私の自宅近所にある橋の下の川の風景です。川の水面は、きらきら輝いていますよ。hasikawa.jpg

阿寒尼(あかんに)と結城朝光

akanhi.jpg鎌倉時代の人物で阿寒尼と息子で武将の結城麻光の寒風摩擦を描いてみました。
最近、大阪でも、まだすごく寒いよー。肌に耐えない寒さです。
風邪には気をつけましょうね・・・・・・。

枚方市民書道展の講評会

私は枚方市民書道展の講評会に参加しました。昨年は青春っぽい字でした、あとは、ハンコ押してなかったのです。だから、字を大きめに書体に変えたのだ。今年の全展示作品を見る講評者は書道家の大田栖峰さんという明るい方です。私の作品を見た大田さんからのコメントは、「なにをねらってるの・・・・・・。絵入りは、まずいなー。絵を入れず書一本だけの作品したほうがいいよ。墨と紙は、よくあってますよ。でも、面白いよ。来年もがんばってや!」という、まずいかよいかの半分っぽい評価でした。私も反省して、来年の書道展の場合、書だけで、チャレンジして出展するようがんばります。
PA0_0252.jpg
書道は書が主役やと私も感じました。