さびしんぼこうじ似顔絵美術館

第67回茨木市美術展と表彰式

今年の茨木市美術展の展示と表彰式に出席しました。
表彰式会場も快適いい場所でした。
近くからいいスピーチに鳴り響きます。
私は今回二度目の表彰式になります。
緊張は感じず、ただ自然的に聞きました。名前を呼ばれてただ立つだけです。
楽しくなる表彰式でした。
一方、会場隣の市役所南館の茨木市美術展では、茨木市教育委員会賞いただいたデザイン部門の私の日本の昔話を展示しています。
コメントでは、日本の昔話らしいほのぼのな巧む作品のいい評価で欠点のところは、日本の昔話を豊かにもっと楽しくなるひとつの物語したらいいではないかと言われた。
会場のスタッフは、私のこと知っていまして、自分の小さいころから本やテレビの昔話が好きと語りました。昔話聞くには、自分の世代は、レコードカセットテープを聞いた、今の世代たちは、デジタル化のタッチパネルでした。
来年からは無監査推挙いただき展示します。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

喜入季久、義岡久延(日本の昔話14)

島津氏家臣、義岡殿(田代清盛の娘)の夫、喜入季久の息子の義岡久延(久信)が、彦一になった。 島津氏家臣、義岡久延(久信)らの父の喜入季久が、天狗になった。 天狗は彦一の望遠竹筒を狙ってる。
[続きを読む]

歴史水着アートギャラリー | 2016年10月15日(Sat) 20:39