さびしんぼこうじ似顔絵美術館

アートスペースかおる10周年合同展

2年ぶりに神戸へ訪れました。
昨年は、神戸へ行くつもりだけど、都合悪いため行かれない。

今年こそ行きましたよ。

ここは神戸元町の坂道です、実は、アートスペースかおるへ向かいます。
元町の坂

お世話になっているアートスペースかおるが、開業で10周年を迎えた。
今回もその企画の合同展示です。
テーマは、いらない命は一つだけという阪神淡路大震災後の被災者にとっての心こもるメッセージです。

会場へ到着し、今回展示する私の展示がこちらです。
10周年にちなむ可愛い動物貼り絵です。
作品講評のときも緊張が感じました。かおる10周年


パーティーが開き、最初は、パフォーマンスショーです。

ムーチョさんの縦型の手作り紙芝居で、関西弁と地元の方言を話せる転校生の女の子が主人公で、神戸は震災後に放射能のない街と判って安心した話です、作者の姪っ子をモデルとなります。
キャラもかわいいでした。
紙芝居ショー


もうひとつは、
はくさんまさむねさんの廃棄物からの鉄鋼の演奏会です。
鉄の音色も独特でいい表現を感じます。
いらない命は一つだけと、唱えるように歌いました。
心がしみてきて面白かった。
鉄鋼演奏

演目後、
食べながら楽しくパーティーしていました。

私からの差し入れは、千枚漬け、魚の甘露煮などの素晴らしい惣菜たちです。

差し入れ

食事たちです、ちらしずし、ワイン、シャンパン、緑茶、ゆず酒、黒糖ドーナッツ、吸い物、ウインナーサラダ、チーズ各種、レーズンパン、ケーキなど次からきておいしいし、本当にお腹いっぱいだ。
やっぱりうまい。
パーティー10周年


神戸への2年ぶりという味わいが十分楽しみました。
楽しい作品もあり、いい食べ物もありの
満足感の場所でした。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

関盛信

六角義賢・義治、織田信孝、豊臣秀吉の家臣 、関一政らの父の関盛信が豚になった。 望遠鏡で星空観察をするブヒブヒー。
[続きを読む]

歴史水着アートギャラリー | 2017年03月08日(Wed) 17:58